2019年11月27日

・パーソナリティ:佐藤 灯 ・ゲスト:荒井智代さん (eBay輸出コンサルタント)その2


ちょこちょこラジオAチャンネル


〜パーソナリティ〜
佐藤 灯 ★ AKARI SATO
Happiness PROCESS, LLC 代表





*****

今回のゲストは、前回に引き続き


eBay輸出コンサルタントの


荒井智代さんです


第2回のインタビューでは、周囲の人の

1.5倍の件数を常にこなす成績優秀者で、

しかも残業もせずにそれを成し遂げ続ける

という、組織にとって非常にありがたい

職員の典型として勤務していた特許庁で、

次第に気持ちが萎え、不満がくすぶって

いったという心の変遷についてオープン

に語ってくださっています。


仕事が終わらない隣の人の分の仕事まで

しているのに、それでも仕事が終わらない

隣の人は残業してたっぷり残業代をもらい、

定時に帰る自分には何もでない。。他にも、

仕事ができる人だからこそ遭遇して

しまう体験のアルアル話には、思わず、

そうそう!その気持ち、わかる~

膝を打ってしまうかもしれません()


そこから、荒井さんがどんなことを考え、

やりたいと思ってもつけない人もいる^^;

特許庁での仕事を辞める決意に至ったのか?


退職を決めてから、実際に退職後にどんな

行動をとって、人生初の独立起業を成功に

導いたのか?


今回も興味深くてためになるお話が満載!

ですよー(^0^)



初回分をまだ聞けてなかったーという方は、

こちらからどうぞ

http://chocochoco-a.seesaa.net/article/471569432.html



荒井智代さん.JPG



安定、社会的信頼大、権限を持って仕事が

できるやりがい、が揃った、高度な技術を

もつ専門職として14年勤務した国家公務員

を、周囲の反対をよそに辞めるという選択

をし、自分の道を歩むと決めて、現在は、

日本に8人しかいないeBay公認コンサル

タントのお一人として活躍中の荒井智代さん。


仕事内容そのものは、自分にとても向いて

いた、という前職(特許庁)を、辞めると

いう決断に至った最大の理由は何だったのか?

決断に至るまでにどんなことを考え、なぜ

独立という道を選んだのか?


今の仕事と働き方を、この先もずっと

続けるのが自分の人生なのだろうか・・?

という思いが、ふと頭をよぎったことが

あるすべての人にとって、参考になる

お話が満載!荒井智代さんのキャリア

ストーリーを、全3回にわたってお届け

しています。


荒井智代さんのキャリア・インタビュー

第二弾、どうぞお楽しみください



荒井さんが主催する、インターネットで

eBay輸出について学べるスクール

「稼げる部活!プラスポート物販部」

はこちら

https://tsuku2.jp/plusbonbuono






*******

~パーソナリティ~


佐藤 灯 ★ Akari Sato

Happiness PROCESS, LLC 代表


32440415_1789993744400833_7508636765180133376_n.png


もっとも自分を活かせる場所で

生き生きと才能を発揮して

存分に歓びを感じながら生きたい!


という想いを抱いて仕事と働き方を

変化させ、今、輝きを放って

活動されている方を毎回、

ゲストにお招きしてインタビュー

させていただいています♪


「自分を生きる」を目指す

すべての方へ


★ 佐藤 灯プロフィール詳細はこちら




灯Photo Books

令和最初のご来光の恩恵をあなたへ

↓ ↓ ↓

cover-image.jpg



国も会社も、これからは自己責任で!

という時代に

キャリアと人生を真剣に考える

あなたに贈る羅針盤


佐藤 灯★公式メールマガジン


(無料)

お申し込みはこちら

↓ ↓ ↓


佐藤 灯公式メルマガ申し込み画像2.jpg





**********

このラジオ番組はポッドキャストでもお聞き頂けます。

https://apple.co/2HTpxtG

☆この番組では、現在パーソナリティをやりたいという方も募集しております。

ご興味ある方は、下記リンクより詳細ページをご覧ください。


*************

<PR>

DVMS(ダイアモンド ボイス ミュージック スクール)では

ボーカル無料体験レッスンを募集中です!

ちょこちょこラジオAチャンネル


posted by D.M.T at 00:44| Comment(0) | 佐藤 灯 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください